主婦が活躍できる道|ラウンダーを目指そう

店舗巡回営業の重要性

ウーマン

販促と調査を兼ねた業務

小売店で販売される製品を生産している企業が売上を伸ばすためには、自社製品を扱う店舗数を増やすか、または各店舗での自社製品の取り扱いを増やしてもらうしかありません。店舗数を増やすためには飛び込み営業も有効ですが、取扱店舗での販促にはラウンダーと呼ばれる店舗巡回営業が重要な鍵を握ります。ラウンダー業務を自社の営業担当社員だけで実施するとなると、取り扱い店舗数が多いほど多くの人件費がかかってしまうものです。ラウンダー業務には各店舗での販促活動・拡販営業だけでなく、店頭で自社製品がどう扱われているのかといった情報を得るための調査も含まれます。高い営業スキルが求められる店舗巡回営業スタッフを社内で育成していくことは、多くの企業にとって大きな負担です。最近ではこうしたラウンダー業務をスタッフ派遣サービスへとアウトソーシングする例も増えており、人材不足を解決する手段として注目を集めるようになりました。店内改装や季節ごとの棚替えといった局面では、店内POPの付替えや新たな販促グッズ設置といった需要も発生します。そういった節目に熟練したラウンダースタッフを店舗へ派遣することにより、大幅な売上げアップにもつながりやすくなるものです。社内にそのようなラウンダースタッフを常駐させておく余裕がない企業でも、スタッフ派遣サービスを利用すれば必要な時だけ店舗での販促活動に対応できます。スタッフ派遣サービスが雇用しているラウンダースタッフは専門教育を受けているため、クライアント企業の販促ばかりでなく店頭調査に関するスキルも高いものです。多数の店舗から店頭販売状況に関するデータを収集するのは困難ですが、このようなラウンダー派遣スタッフを利用すれば質の高い情報を集めることができます。次なる一手を企画・開発するための貴重な市場データを入手する目的でも、外部委託のラウンダーが多くの企業に有効活用されているのです。